HOME>アーカイブ>毎年多くの企業が、オフィスを移転しています

オフィスを移転する、目的とは

デスク

オフィス移転を行うきっかけは、多種多様です。売上増による社員数の増加や、再開発によって移転を余儀なくされる等、枚挙に暇がありません。事業規模を問わず、毎年多くの企業がオフィス移転を行っています。単にオフィス機能を移転させるだけではなく、経営上解決すべき問題は何なのかを意識しつつ、作業を進めていく事が大切です。新しいオフィスで、経営者やスタッフが働く事になります。どのように働いていきたいかを考慮し、オフィスを選びましょう。経営者の多くは、オフィス移転の為の支出を投資と捉えています。経営上の問題を整理し、オフィス移転に反映させることで、快適な空間を創出することはもちろん、それらの解決へと繋げられるのは言うまでもありません。

半年から、移転日直前までにやっておくこと

オフィス

まずは、オフィス移転の方針を決めるところからはじめましょう。現状のオフィスは何が問題なのか、オフィスを移転した後の課題は何か、事前に洗い出す事が大切です。方針を決定づけた後は、スケジュールや依頼する業者を検討しましょう。移転先が決まった後は、オフィスデザインやレイアウトを考えなければなりません。各業者と打ち合わせを行い、概要が固まった後に工事の手配、契約を行います。オフィス移転が進む間に、様々な手続きや関係各所(取引先等)への挨拶を行って下さい。ホームページ、パンフレット等に記載している、住所変更も忘れずに行いましょう。

移転日以降に、行うこととは

オフィス

当日は引っ越し業者のスタッフと、頻繁に連絡を取れるようにしておきましょう。オフィス移転に関する責任者が、作業の進捗状況をしっかりと把握しなければならないからです。タイムテーブル、リストに沿った形で、作業を進めていきましょう。荷物は開梱する前に、適宜搬入されているか否かを必ず確認して下さい。個数が合っているか、破損がないかを確認しなかった場合、トラブルに発展する恐れがあります。建物の壁、手すり等に傷がつくのはなるだけ避けたいものです。事前にシート等を貼って、保護するよう心掛けましょう。

広告募集中